シールの加温

1.概要  車の生産ラインでリアウインドを取付け後、環境シールを貼り付ける工程があります。冬場はガラスの温度が低く、シールの粘着が弱くなるため、従来は投光器を使用しシールを加温しておりました。 しかし、温度ばらつきが多々… 続きを読む シールの加温

成型前樹脂加熱

1.概要  樹脂を成型する真空成型機、圧空成型機、真空圧空成型機等で、成型前にシート状の樹脂材料を加熱し、軟化させるためには、弊社遠赤外線QUTヒーターが最適です。 遠赤外線放射特性に優れたQUTヒーターにより、樹脂シー… 続きを読む 成型前樹脂加熱

エポキシ系接着剤の硬化

1.概要  エポキシ樹脂は耐水性・耐薬品性・耐食性に優れるという特性を持ち、工業用接着剤や塗料としての用途で幅広く使用されております。 一液性のエポキシ樹脂は加熱をすることで硬化します。硬化には約120℃ ~ 150℃に… 続きを読む エポキシ系接着剤の硬化

糸の加熱

1.概要  テニスやバトミントンに用いられる糸は「ガット」と呼ばれ、表面にコーティング液を塗布するため加熱が必要となります。 従来、棒状ヒータを用いた設備で製品ができるまでにコーティングを2工程、加熱3工程を2回必要とし… 続きを読む 糸の加熱

ポッティング材の硬化

1.概要 ポッティング材(エポキシ樹脂・ウレタン樹脂系など)は電気・電子部品の絶縁や熱的・機械的衝撃からの保護の目的で広く使われています。塗布される樹脂の量も比較的多く、熱風式の加熱炉で約1~2時間処理して硬化させている… 続きを読む ポッティング材の硬化

フィルムのインク乾燥

1.概要 2.テスト内容 1.目的:他の加熱方法に比べて絶縁性・導通性の向上2.仕様 搬送スピード:MAX3m/分、Min0.01m/分、常時0.05m/分    熱風循環装置の出力及び風量→熱風循環ヒーター5kw、  … 続きを読む フィルムのインク乾燥

リレーの樹脂封止

1.概要 電子部品であるリレー(継電器)のケースを封止するために、熱硬化性樹脂のエポキシが使われています。従来熱風バッチ炉で1時間加熱していましたが、インラインの自動化とすることでバッチ炉からの出し入れの工数の削減と、ハ… 続きを読む リレーの樹脂封止