納入事例

シールの加温

2022.05.20

1.概要

 車の生産ラインでリアウインドを取付け後、環境シールを貼り付ける工程があります。
冬場はガラスの温度が低く、シールの粘着が弱くなるため、従来は投光器を使用しシールを加温しておりました。
 しかし、温度ばらつきが多々あった為、当社遠赤ヒータに切り替え、均一加熱を実現。当社製品は放射温度計にてワークを管理することが可能であり、「焼け・焦げ」の問題が発生することなく加温が可能です。
 またクイックレスポンスタイプの遠赤ヒータを採用しており、必要な時にだけヒータをONにすれば良い為、省エネ効果にもつながります。


2.ワークイメージ


3.推奨マシン

品  名:QUTデュオ
使用熱源:クイックウルトラサーモQUT60B
      ※QUT81でも製作可能
電  圧:100V
寸  法:縦148mm 横298mm
・100Vで使用できコンパクトサイズの為、
 簡易テストにも最適です。