お役立ち情報

遠赤外線の特徴とは?
遠赤外線加熱に向いている物質を解説

2021.11.12

誰もが一度は聞いたことある「遠赤外線」という言葉。TPR商事では遠赤外線を活用した工業向けの遠赤外線ヒータを販売中です。本記事では、遠赤外線について分かりやすく解説していきます!

遠赤外線とは

そもそも遠赤外線は、「赤外線の一種」であり、肉眼で見ることができない電磁波のことです。赤外線の中にも波長により①近赤外線②遠赤外線に分けられます。
波長が3μm~1mmの赤外線が遠赤外線です。ちなみに工業用途では2.5㎛~30㎛の波長域がよく使用されています。

遠赤外線の特徴

遠赤外線は対象物に熱を与える効果をもっており、金属を除くほとんど全ての物質を分子振動により発熱させることが可能です。これを「遠赤外線加熱」と呼びます。

<遠赤外線加熱に向いている物質の例>
● プラスチック
● ゴム
●  塗料
●  樹脂
●  食品

これらの物質は遠赤外線を良く吸収するため、効率よく加熱することが可能です。工業分野では塗装の乾燥や接着剤の硬化などに活用可能です。遠赤外線加熱の活用事例はこちらで詳しく紹介しています。興味がある方は一度ご覧ください。


<遠赤外線加熱に不向きな物質>

● 空気

● 金属(表面処理状態による)


遠赤外線は空気を透過してしまうため、加熱することができません。空間を加熱するには、エアコンなど熱風を利用します。また無垢の金属は遠赤外線を反射してしまうので、効率よく加熱することができないのも特徴です。
但し、塗装など表面処理の状態によっては加熱することも可能です。

 

TPR商事の遠赤外製品

TPR商事では各種遠赤外線ヒータや加熱炉、乾燥炉を販売しております。 ヒータ単品から、お客様のニーズに合わせて設計・製造する特注品まで幅広く対応することが可能です。 TPR商事の遠赤外線製品のラインナップはこちらをご参照ください。
遠赤外線ヒータはこちらから

加熱設備はこちらから