納入事例

金属治具の加熱

2022.05.11

1.概要

 車載用電子部品を載せる治具の加熱。
 遠赤加熱にて治具の表面温度を120℃キープ。
 120℃キープ後に、固形ワックスを塗布しワークを乗せて次工程に繋げます。
 量産時には、コンベア炉へと展開。
 【ワーク】:金属の治具(特殊鋼)
 

2.テストデータ

3.推奨マシン

品名:標準型卓上加熱炉
型式:STH-14Q
使用熱源:クイックウルトラサーモQUT60+下部遠赤棒状ヒーター使用

・クイックレスポンスの遠赤ヒーター採用予熱時間を短縮可能。
・PID制御、4ゾーンの温調により、希望温度プロファイルの作成が可能。