納入事例

アルミホイール予備加熱

2022.04.27

1.概要

 アルミホイールは車輪の構成要素であり、大部分をアルミニウム合金を用いて製造しています。
 表面塗装を粉体塗装で行っている事が多く、大型の熱風式のブースを約250~280℃にして塗装乾燥を行っている事が多いです。
 弊社の遠赤外線のヒーターを塗装工程の前に予備加熱を行う事により、塗装表面の剥離を防ぐ事はもとより、ブース内の温度も約200~230℃へ落とす事も可能であり、ランニングコストの低減に寄与します。
 また、ヒーターの温度を制御する為にセンサー付ヒータもご用意しております。

2.テストデータ