お役立ち情報

【6月のピックアップ商品】パワーブリーザー

2022.06.14

暑さ対策「設備」の種類と特性

暑さ対策「設備」として比較されることが多いのが、
①スポットクーラー②ミストファン③気化式ファンの3タイプです。

① スポットクーラー
  スポットクーラーは冷媒冷却した空気を対象に吐出するため、排熱が発生してしまいます。

② ミストファン
  ノズル式のミストファンは粒度の大きい水滴を感じ、満足度は高いものの周囲を濡らして
  しまう、そしてノズルのメンテナンスが必要になります。

③ 気化式
  気化式はノズル式に比べ、周囲を濡らす事は少ないながらもフィルターの維持管理が必要
  になります。

いずれのタイプも冷却範囲は比較的狭く、範囲内に複数台設備するという使い方が一般的です。
 

パワーブリーザーの特徴



商品カタログDL
冷却能力

微細ミストの気化熱と大型ファンにより最大30m※まで冷気が到達します。
さらに首振り機能により、約320m2(25mプール面積相当)をカバーします。
※パワーブリーザータイタンプラスの能力

100V電源で使用可能

ハイパワーな機体ながらも100V電源で稼働が可能。
屋内外問わず、利用場所を選びません。

冷却技術

ミストノズルを使用しないために水道水のカルキによるノズル詰まりの心配があり ません。
また、大型タンクを有しており、連続運転(約60時間)が可能です。
本機のミストはアトマイズ法で生成される微細ミストですので、床を濡らしたり、備品や金属パーツ等を濡らすことはありません。

簡単なメンテナンス

冷却技術にフィルターを使用していないため、タンクとポンプの簡単な掃除で常に 清潔なミストと冷風を提供することが可能です。
また、オフシーズンはファンヘッドをタンクに収納することも可能です。

気になった方は、是非下記にてお問い合わせ下さい。お待ちしております。
お問い合わせ