納入事例

フィルムのインク乾燥

2021.04.21

1.概要

2.テスト内容

1.目的:他の加熱方法に比べて絶縁性・導通性の向上
2.仕様 搬送スピード:MAX3m/分、Min0.01m/分、常時0.05m/分
    熱風循環装置の出力及び風量→熱風循環ヒーター5kw、
    循環熱風最高使用温度230℃、1.2m³/min
    雰囲気温度→80~140℃の可変
    パネルヒーターと熱風循環を同時に使用→揮発した溶剤を熱風により滞留させないようにします。

3.推奨マシン

品名:標準卓上加熱炉+熱風発生器
型式:STH-14Q
使用熱源:クイックウルトラサーモQUT60
・クイックレスポンスの遠赤ヒータを採用しており、予熱に掛かる時間を短縮可能。
・3ゾーンによる温調により、希望温度プロファイルの作成が可能。

※本機をベースとして、幅広タイプや炉長変更など
 様々なカスタマイズが可能です。