製品情報 PRODUCTS

温度調節弁

電子サーボ式温度調節弁

電子サーボ式温度調節弁

PID制御の高精度な温度調節弁

電子サーボ式温度調節弁とは、センサ(白金測温抵抗帯)からの抵抗値を受けて、出力信号(電流)をサーボモータに入力して弁を駆動させる温度調節弁です。


ダウンロード DOWNLOAD

特長

○PID制御のため、高精度な温度制御が可能
○センサは別置、制御対象の流量を調整して温度を制御する系に最適
○設計配管に合わせて温調弁の選定が可能
○取付け方向も任意取付け可能
○AC100Vor200V選択可能
○既に温度制御システムを設置されている場合でも、制御信号電流を準備出来れば本体駆動部単体販売可能
○配管から外さずにメンテナンスが可能

作動要領

1. センサ(白金測温抵抗体)が弁内を通過する流体の温度を感知して、温度毎の抵抗値を発生する
2. 抵抗値は電子温度調節器に伝わり電子温度調節器内でPID制御され信号電流(4〜20mA)を出力する
3. 信号電流は、本体駆動部の電子サーボモータに伝えます
4. 信号電流に比例して温度調節弁が動作し、刻々の温度に応じてB側とC側の開度の比を調節する

serbo-kousei.jpg

標準仕様

 
電源電圧AC100-200V電源 50/60Hz(共用)
調整流体清水、海水、油
制御方式2自由度PID
弁本体鋳鉄製JIS5K
周囲温度‐10度〜55度

※お願い:本温度調整弁は振動の無い場所(19.8m/sec2〔2G〕以下)に設置してください。

標準配管例

central-cooler_1.jpg
funeyou_3.jpg

 

▲ページトップへ戻る