製品情報 PRODUCTS

産業用製品

往復動摩擦摩耗試験機

往復動摩擦摩耗試験機

剛性の改善により低振動化を実現、さらに安定した摩擦力の測定が可能

自動車のピストン運動等往復運動部の摩耗試験を目的として開発され、安定した摩擦力の測定が可能です。


ダウンロード DOWNLOAD

特長

○金属材料、潤滑油等の摩擦力を測定しながら運転するため、焼き付き発生限界を
 とらえることが容易です。
○本機から得られる確かな試験データは各関係機関で
 高く評価されております。

oufukudou-sikenn.jpgoufukudou-kudou.jpg

標準仕様

 
仕 様
外形寸法/重量本体 2100(W)×825(D)×1200(H)/約2000Kg
制御盤 570×630×1500      / 約120Kg
電源3相 AC200V 30A
本体機構・制御
摩擦方式ピン VS試験片の水平往復動
ピン:上部・静止
試験片:下部・可動
試験片大きさピン:φ8×25mm
試験片17mm(W)×14mm(H)×70mm(L)
(ストローク50mmの場合)
試験片17mm(W)×15mm(H)×115mm(L)
(ストローク100mmの場合)
試験片固定ピン:コレットチャック
試験片:枠内ネジ押し付け
ストローク長さ0.5mm〜100mm 可変
速度100回転〜1200回転可変(〜2000mm/s)
試験片温度常温〜200度
可動試験片下部にカートリッジヒーターを埋設
電子制御、制御用計測は静止片の摩擦面近傍
の''K''(CA)熱電対による
荷重1〜2000N バネ押し付け可変
自動荷重装置(サーボモーター)取付可能(オプション)
摩擦力0〜1000N
コレットチャックホルダーを歪みゲージ式
ロードセルで支持し検出
試験片潤滑油ディスペンサー点油方式(オプション)
機械潤滑方式強制循環、及びグリス封入式メンテナンスフリー
駆動方式200V 3相 5.5KWインバーター
自動停止条件(1)過摩擦力 (2)温度異常 (3)回転数カウントアップ
(4)モーター過負荷          (原因識別表示)
計 測(データ記録用出力仕様)
温度固定片にφ1.6''K''熱電対装着
温度調節器にデジタル指示(PID制御)
荷重ロードセルはビーム型(0.05%F.S2,000N)
(デジタル表示 kg&N表示どちらか指定)
摩擦力ロードセルはビーム型(0.05%F.S1,000N)
(デジタル表示 kg&N表示どちらか指定)
速度クランク軸の回転速度を60P/r の電磁センサで検出
デジタル表示
摩擦回数クランク軸の回転回数をデジタル表示
デジタルプリセットカウンタ
データ記録装置記録計は、お打ち合わせにより付属できます。
(オプション)パソコンによるデータ処理等ご相談下さい。

 

▲ページトップへ戻る